點心爛漫

ヒヨコの台湾旅日記(8)
伍佰LIVE、見てきた!

Tw39
▲焢肉飯と燙青菜

ウーパイ伍佰のLIVE終わって、歩いて西門町まで戻ってきた。水龍王の隣の店で、焢肉飯 55TWD 燙青菜 30TWD。

Tw40
▲イチゴ牛乳追加 50TWD

伍佰のLIVE、行けましたよ。入手困難なウーパイ伍佰&China Blueのチケットを定価の1200twd で。たったの。

 いつも日本の曲のカバーが一曲入る感じだけど、今夜は♪なだそうそう のカバーだった。最近でも♪藁にまみれてよ〜育てたナントカ、って昭和の演歌カバーしてるもんね。

 伍佰&China Blueは大きな場所でライブをすれば数万人呼ぶほどの人気なのだ。デビューの頃のライブハウスの様な所でしたかったみたい。日本の中学校の体育館程の広さしかない、華山1914創意文化園区の中のLegacy。満員電車状態の立ち見でギュウギュウでした。
 昨日私の事を気に入った人も、ウーパイのライブの為に台湾に来たというのが気に入ったのだ。宿のフロントのお兄ちゃんもウーパイ見てきたよと言うと、スゲーーーーーー!と驚くし、ニュースにもなるほど。

 静かな新曲で始まったけど、数曲でタテノリ2連発。
  ♪樹枝孤鳥
  ♪真世界
 踊ってたし汗かく。ただし他は一曲づつの勢いでMC入れて休憩してたけどwww

  ♪火山
 この曲も振り付けが面白いのよねw 今夜は♪你是我的花朵 は無かったけど、そのかわり。

おはユン・ピョウ!「十二金錢鏢 探班」+動画検索 で一番に出てくるYouTubeの動画のところのコメント欄に、持ってきてるiPadやiPhoneからうまく書き込みできない!台湾ユンピョラー泉さんに会えるチャンスなのに!時間だけが過ぎて行く。正午には飛行場に行かなければいけない囧
 とりあえず返事だけでもしたいのに。近所に24時間のネットカフェあるけど入力方法が不明だし、ピンチすぐる。
誰か助けてーーーーー!

 入力方法の問題じゃなくて、操作ができなかったり、落ちたりするの。今やっとこ他の方法(エディタで書いてコピペ)で書き込んだ!

(記:うずらヒヨコ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒヨコの台湾旅日記(7)
有問題!両替したお金がもうあまりない!!

おはユン・ピョウ!
 早安、早抖、早上好、Pagi、Good morning
 今朝は元彪の「♪You Can Believe」でノリノリで起きたw(伍佰&China Blueは寝る前に予習)
 今日は[台湾歴史博物館]と29日から開始の[香港歴史博物館出張展示]の無料の旗袍展に行くつもり。

昨日行った台湾博物館でも旗袍展してたのよ。100位見たら旗袍のバリエーション把握。で、関連パンフcheckしたら香港のもたまたま発見したと。原住民族の常設展は全部写真に収めた! これがここでの主目的、達成。台湾の植生、生物類もよく解った。

今、TVの東森新聞で伍佰&China Blueの昨夜のLIVE映像が流れた! TV面白い。
「綾鷹」は名前が違う。塾の講師が香港と同じくイケメンと美女で売り出してる。ワン・リーホン王力宏と嫁の映像見た。「年末大売り出し」のCM多い。
 映画は今回観ないで帰るかも。金馬奨フェアが8日までのはずなんだけど、私の行動圏の中の映画館にはめぼしい映画がないのよ。おしんとかホビットばっかり。
 西門町周辺にくっついて5館あるのに、火星のナントカという洋画が4館も2D、3Dやってる。意味ないと思う。他に上映してる洋画2本も共通。で、席はガラガラなのよ。
 他の地区でやってるかも知れないけど、台湾での映画館Appを持ってないからよくわからない。
 バカッチョな大陸コメディ『ロスト イン タイランド 囧』がいちばん観たいけど、台湾の博物館・美術館はここでしか体験できないからコッチ優先で。映画はまた大陸の動画サイトで観れるし(おいおい)

Tw38
▲戦利品の数々

昨日の買い物その2画像。ショウ・ルオ羅志祥のきらきらイヤホンジャック付きNew CDとロナルド・チェン鄭中基の旧譜。
 犬の服。3Dな絵。度付きカラコン。大量のエクステw
 エクステ一つ36TWD。ここの人が私を珍しがって仲良くなった。

Booking.comに登録して宿のお得情報checkしてるんだけど、当日は売れ残りが安い。
 台湾でもっと高級なホテルのダブルやツインでも5千円台である。私が泊まってるとこみたいな、小さいけどこぎれいなのは3千円台から。二人でシェアしたら1500円www

新しく買った度付きカラコンとエクステ、持参したキラキラバサバサのツケマと蛍光腕輪3本100円と変色発光棒持ってLIVE行くど! LIVE用に持ってきた服どれにするかで迷ってる。伍佰&China Blueは黒が定番なので、それでいろいろ持ってきたけど。…て、チケット大丈夫か?www

昨日CD買った店でタイポ太保の出てる『父の初七日』のDVD見てたら、おじさんがイイぞ!って言うから、
「うむ、タイポ太保出てるからな」
 と言っといたw
 その隣に『イップ・マン 誕生/葉問 前傳』があったから手に取ると、
「安いよ!」
 って言うから、
「私はユン・ピョウ元彪が好き」
 とアピールしといた。
 『不老騎士』はあったけど日本語字幕が無かった。仕方ない、ネットで日本語字幕付き買おう。
 あとお店に並んでる香港映画のDVDの多くが、今年日本で公開されたり販売されたりしてるのが確認できて嬉しかった。売れてる作品だけだろうけど。『不二神探』は買うべき?

相変わらず華語がパッと出ず、広東語と混じりまくるルー大柴状態。昨日私を珍しがった人は、このチャンポン状態で、
「何で二つしゃべれるの?」
 って不思議がってくれたけど、排骨麺の店では、
「パイグォみん」
 と言ってしまい、
「ミェンな!」
 と厳しく指摘される。フィリピン人のあんたに直されたくない!w
 いま書いて気づいたけど、「骨」も「ぐぉ」じゃなくて「クー」だった。囧
 超基本単語、
「いくらですか?」
 もパッと出ない。だから昨日も一昨日も偽香港人になって買い物はほとんど広東語で通した……囧
 本当の香港人は華語はスッとしゃべれるよね。

故宮博物院や昨日の博物館で高価な本をたくさん買ったので、両替したお金がもうあまりない。銀行閉まってるし明日までどうしよう。
 とりあえず今日はLIVEまで息を潜めて暮らさないと……。
 買い食いはしてもいいよね?

ただいまウーパイ伍佰のLIVE会場前〜。マカオから来るウーパイファンは首尾よくチケットをGETできるか?!w 会場からは音が出だしました。
 伍佰&China BlueのLIVEチケットGEEEEEET‼︎ たった今チケットを定価で譲ってもらいました! ウーパイ伍佰のLIVEはまだ2回目です。久しぶり過ぎて嬉しい〜〜〜! そのマカオの人、
「寒いからコーヒーショップ行っとく。キミはもう並んどき」
 と言い残して去って行きましたwww あと1時間くらいあるんとちゃうかな?

(記:うずらヒヨコ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒヨコの台湾旅日記(6)
買い食い天国の乱

Tw35
▲排骨麵 75TWD、菱の実 半斤 80TWD

Tw36
▲東港旗魚黒輪 10TWD

何ですかこれ。イカに衣が付いてるの? よくわからないまま日本式ナントカを、先に買った人の真似をして食べたらワサビ100%だった! ちょっと取ったw

Tw37
▲刺身の屋台

やたらと刺身の屋台があります。こんなに一般的なのか。

Wubai_fb_top
▲伍佰のFacebookページ

Wubai_fb
▲問題の記事ww

ウーパイ伍佰のFacebookをcheckしたら、(→この記事)の「9月にチケットを売り出したが秒殺で売り切れ。日本、マレーシア、西安からのファンがチケットが無い!とウーパイのFacebookに書き込み……」て、この日本のファンて私www

(記:うずらヒヨコ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒヨコの台湾旅日記(5)
いったん宿に戻って!お次!!

Tw30
▲入手したもの数々。

宿に今ただいま〜。順調に買い食いして、街なかスナップして、廟にお参りし、マスクや綿入れ買って、博物館参観して、本買って、募金して帰ってきましたよ。重いから荷物を置きに戻りました。
 これから第2ラウンド。映画?CDショップ?買い食いw

Tw31
▲映画館の電光掲示板

映画館5館チェックしたけど、ほとんどかぶってる洋画多し。
 『リゴルモルティス 殭屍』の上映は時間が早い。大陸映画の『ロスト イン タイランド 囧』の続編がかかってた。台湾映画は隅っこに追いやられてる感じ。カミングスーンにはあったけど。

Tw32
▲西昌街観光夜市でお豆さんのおやつを。

ただ今、西昌街観光夜市。豆腐を少し生姜の入った甘い温かいシロップと柔らかいお豆さんで食べるおやつ。名前は豆腐花だっけ?

Tw33
▲はい、お口アーーンして。www

Tw34
▲見た目激辛シャカシャカチキンみたいだけど

今は華西街観光夜市。もち米と豚の血のスナックモグモグ。スパイシーな味付けとピーナツの粉。始めて食べるけど美味しい。おにぎりみたい。食べるまでちょっと怖かったけど、食べたら美味しかったw

(記:うずらヒヨコ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒヨコの台湾旅日記(3)
夜へ繰り出せ!士林夜市

楽しんでおります台北の士林夜市。日本語散りばめております。四角くて微妙〜なお好み焼きw

Tw19
▲日本式のお好み焼き

Tw23

「お好み焼き屋さんの後ろの彫り物は何ですか?」と編集長から質問が飛んできたけど、これは廟であります。とても立派な塀というか柵みたいな囲いの装飾。欄干的部分が写ってます。

Tw24
▲向かい合ってもう一つ廟が建ってます。

エビの隣の「ソーセージ」の日本語の残念感がたまりません!w
お寿司の屋台。

Tw20
▲「れさひ」と「かちり」「しモン」とニュー感覚ww

Tw21
▲スマートボール。日本の夜店でもまだたまに見かけるね。

こんなゲームもあるよ。懐かしい?新しい?(・ω<)-☆ 金魚すくいとか麻雀とか輪投げしてはんねんけど……。昭和か?

Tw22
▲りんご飴のイチゴ版。苺の一番下がなぜかトマトだったよw

苺の飴。タンフールー糖葫蘆、50TWD。愛犬の服とかも売ってる〜。射的の種類どんだけあるの。士林夜市楽しすぎる危険!もう帰って寝ないと。

私の宿の西門町あたり映画館だらけなの知りませんでした。何か見ようと思ってるけど、どれになるかは解らないw

(記:うずらヒヨコ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【點心爛漫】即製鴛鴦茶

Img_6868

香港の茶餐廳での香港らしい飲み物として有名なのは、港式奶茶。これでもかというほど黒く煮出した紅茶にコンデンスミルクで作るミルクティ。これ東の横綱とすれば、西の横綱、それが今日ご紹介する、「鴛鴦茶(えんおうちゃ)」である。廣東語で読めば[ぃゆぉん ゅおん ちゃぁ]みたいな音になる。

 「鴛鴦」って「おしどり」のこと。香港では、仲良くペアになってるものをさす場合が多い。たとえば「鴛鴦鍋」というと、鍋料理で、それが真ん中で仕切ってあって、2つの味の鍋が1つの宴席で同時に楽しめるようになっているものを言う。

 それで問題の「鴛鴦茶」。そう二つが仲良く混ざっている。それはコーヒーと紅茶である。それをミルク仕立てにしたもの。砂糖もたっぷり入っている。日本人の感覚としては「コーヒーと紅茶を混ぜる???」となると思うが、香港はイギリス統治の植民地だったから、西洋文化とアジア文化が交ざってできあがった社会だから、とにかく混ぜちゃうのである。そして港式奶茶よりも鴛鴦茶を飲めてこそ、大人の香港通であるとされる。

 そしてこれは、捷榮珈琲有限公司の“獨特港式”「3合1 鴛鴦 All in One Yuan Yang」。早い話がスティック鴛鴦茶。はい、香港のスーパー[惠康ウェルカム]で買ったもの。

[冲調方法/作り方]
Img_6870

(1)將一包捷榮三合一鴛鴦倒入杯中。
 スティックの封を切り、カップに入れる。

Img_6871

(2)注入約125毫升熱開水。
 125mlの熱湯を注ぐ。

Img_6873

(3)攪拌後便可享用合您心意味的味美三合一鴛鴦。
 よくかきまぜて、三合一鴛鴦茶をお楽しみください。

 14g入りのスティックが12本入り。獨特港式の味をお手軽に楽しめる。

 どんな味かというと、飲んだ瞬間は「あ、ミルクティか」と思うが、「あれ? コーヒー風味?」と感じた後に、渋みがジョワワ〜ンっと沸いてくる。この渋みは、紅茶を飲んだときとも、コーヒーを飲んだときとも違う独特のものである。この渋みが鴛鴦茶の特徴。これがシックリきたらもう病みつきになること間違いなし。
 ま、興味を持った人は試しに自分で作ってみよう。あり合わせのもので作ることはできるョ。


(1)マグカップにティーバッグ(リプトンとか日東とか)で紅茶を出す。
(2)砂糖をスプーンで山盛り2杯。
(3)インスタントコーヒー(ネスカフェとかブレンディとか)をスプーンに軽く1杯。よくかき混ぜてできあがり。

 これでも十分に渋さが味わえるので試してみて。飲み慣れたら、君も香港に行ったとき朝食は茶餐廳に入って、迷わず、“公司三文治(ミックスサンドイッチ)”と鴛鴦茶を注文し、蘋果日報なんかをバサッと開いて運んでくるのをさも面白そうなことはないという顔をして待とう!

(記:うずらまん編集長)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【點心爛漫】生姜キャンディ

Gingercandy
久しぶりに香港に行ってきた、そのお土産シリーズ第1弾は、生姜キャンディ「新亞薑糖」。

 半透明のソフトキャンディです。昔だったら、きっと蝋紙の包み紙で両端をねじってあったような感じのキャンディです。

 荃灣(つぇんわん)の[惠康超級市場](ウェルカムスーパー)で買いました。インドネシアのお菓子とのこと。英語で「〈新亞薑糖〉は、いつでも家族全員に適した栄養がある健康的な甘いものです」という説明が書かれています。生姜はいろいろ健康にいいのでしょう。「TOP QUALITY GOOD TASTE」とも書かれているので、安心です(笑)

 味は、ひやしあめの生姜辛さを強烈にした感じです。辛くて耐えられないほどではないけど、けっこう辛いです。頭のてっぺんの毛穴は確実に開きます。鼻の下に少し汗が出ることもあります。慣れると続けて2個、3個と食べられるかもしれませんが、口の中はしばらくしびれたままになるでしょう。
(文:うずらまん編集長/写真:うずらヒヨコ)

香港旅の写真を「ライカでラララ♪フォトログ」に連載中。こちらも合わせてお楽しみください。

荃灣の夜散歩編
http://uzuraman.exblog.jp/19028308/
http://uzuraman.exblog.jp/19020117/
http://uzuraman.exblog.jp/19015741/
http://uzuraman.exblog.jp/19006648/

荃灣の昼散歩編
http://uzuraman.exblog.jp/19002674/
http://uzuraman.exblog.jp/18998695/
http://uzuraman.exblog.jp/18994072/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「うずまき中華」ジワジワと冬眠から覚める?
その1「點心爛漫」、そして…!

なんと、去年は「うずまき中華blog」の更新がたったの1回だけでした(笑)。さて、今年は何回かな?

 先日、ネットを彷徨っていて、あるポータルの質問コーナーで、中華なおやつについて誰かが質問をなげかけて、そして誰かが答えているのを見つけました。その中で、参考URLとして我が「うずまき中華」の「點心爛漫」のコラムが挙げられていました。そうかぁ、随分前に書いたものでも、たまには参照してくれる人もいるのだなぁ。

 「點心爛漫」は、中華なおやつについての、「うずまき中華」の独自見解を述べていく、いわゆる観察レポートですが、書いていた当時も自分でも楽しいコラムでした。なので今でもサーバに残してあったんですが、サーバの引っ越しの際に、一部のリンクが切れてしまい、画像が表示できなくなっているもの、また記事自体が表示できなくなっているものがありました。

 で、ちょっとやる気を見せて、「點心爛漫」のそれら不具合箇所を修復し、現在公開中の記事はとりあえずちゃんと表示できるようにしました。随分むかしに作ったので、レイアウトも適当でした。ついでにその辺りもちょっとだけ整えました。
 今年は、余裕を見て、また「點心爛漫」の新作を書いてみたいな、と思っています。

★ついでにお知らせを一つ。
「【予告】10年間、封印されていた、あの伝説の演唱會レポートが、ついに!!」

 前編公開から、10年の時を越え、謎のベールに包まれたあの演唱會レポートが公開されます。うずらヒヨコが全身全霊をかけ、心血を注いでかき上げた名調子。あのコンサートを観た人は、このレポートで完全に脳内再現されることでしょう。惜しくもあのコンサートを見逃している人は、このレポートで、前後編合わせて、バーチャル体験が完成します。
 ただ今、鋭意編集中。今度は本当の本当に載せますよ。このblogでも、作業状況は逐一報告します。近日公開、乞うご期待。

(うずらまん編集長)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

久しぶりに飲茶を

Asiandays
「関心空間」の僕の写真日記にも載せましたが久しぶりに京阪・枚方市駅前の旧・長崎屋ビルにある[AsiandayS]というお店に行きました。
 通をうならせるタイプの店ではありませんが、ファミリーで来るところとしては、なかなかおいしいお店だと思います。女性客が多いようですが、今日は休日だからか、カップルもちらほらと。席はほぼ満席でした。係のおねえさん約1名がとっても美人でしかも気働きが良くてとても気分もよかったです。
 今日は飲茶食べ放題ではなく、セット物にしました。それでも量がたっぷりあってお腹はいっぱいに。

 1枚目の写真は左からちまき。これはお肉も入っていて餅米もしっかりしてておいしいです。春巻きは皮がパリパリで中はほくほくでグー。芝麻団子は僕の大好物。担々麺はほどよい辛さでおいしかったです。
 2枚目の写真は、ミニ饅頭を中央に、蝦餃などの餃子類。これもおいしかったです。う〜ん、もっと食べたくなります。
 3枚目はデザートの黒胡麻プリン。これがまたほどよい甘さでおいしかったです。
 今度はぜひ思いっきりお腹を空かせて飲茶食べ放題に挑戦したいと思います。

(うずらまん編集長)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

セブン-イレブン限定「香港飲茶フィギュア」
海洋堂プロデュース

050401yamcha2しばらく開店休業状態だったこのblogも、新年度から再スタートしますよん!

さて、模型マニアの世界でも、また食玩の世界でも既に名を馳せている[海洋堂]。今度は中華部門にも乗り出しましたぞ! 今関西では、[セブン-イレブン]の500mlのペットボトルに「香港飲茶・海洋楼/飲茶フィギュアコレクション」(菜譜 全十二種)が付いています。基本的に陶器の食器、蒸籠、箸と蒸籠の中に點心というセットです。
 僕の買ったのは、「(七)蟹黄蒸燒賣」でした。いやはや「好味呀〜!」。
 燒賣と蒸籠が軟質の素材で、白い陶器はプラスチックでと質感にもこだわりを感じます。
 このフィギュアは、ドリンクのメーカーに関係なく付いていますので、消費者にとっては選択肢が広くて助かります。甘いものではなくてあっさりしたお茶系のものが飲みたいのにこってりした甘いのを買わないといけないとかってことがないので。
 それと、よくある食玩のように本来はお菓子のオマケのハズのフィギュアが、逆転現象を起こして大きな箱にフィギュアがど〜んと入っていて、中にラムネ1個で何百円とかっていうのではなくて、しっかり飲物は500mlでそれにオマケですので納得して買えます。全部集めるのは大変だけど、二、三個は欲しいなぁ。(うずらまん)

| | Comments (0) | TrackBack (1)