日記・コラム・つぶやき

新年快樂!今年もどうぞよろしく!

15822557_1296776727046531_770305286

新年快樂! 明けましておめでとうございま〜す! 2017年ですよ、もう。香港が返還されて今年で20年です。早いものですね。いろいろと事情も変化していますが、結局僕らは見守ることしかできません。でもしっかりと見守っていきたいです。

 さて、12月に香港へ行ってきました。旅ルポはおいおい書いていきますね。この写真もそのときに撮ったもの。年賀状用の風景を求めて、とにかく「鳥的なもの」を探していたのの1つです。

 撮影したのは泊まっていたホテル、北角の宜必思香港北角酒店のすぐ近くです。Googleマップ参照↓
20170102_141442

赤い印の場所です。ちょうど地下鉄の駅への入り口の隣です。写真は撮ったけどこのお店には入るチャンスがありませんでした。毎日前を通っていたのだけど(笑) 今度また。

 というわけで今年もよろしくお願いします。

(うずらまん編集長)Uzuraman_icon2

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

手持ちの香港ドルは…

Czc0worukaaahpw

Czc0woyuoaaul8p

手持ちの香港ドルがこんだけしかない。
 1日目が(※)日曜で厳しいなー。茶餐廳で我慢するか。

(うずらヒヨコ)Hiyoko_icon2
※【編集部注】2016年の香港旅行は12/10(土)夜発〜14(水)朝帰国の予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新年快樂 2015

10885151_839336192790589_4583402532

今年もよろしくお願いします。去年は3月と12月に香港に行けました。ヒヨコは台湾も行ったな(笑) 12月の香港では、雨傘運動の中心地、金鐘(アドミラルティ)の雨傘廣場も自分の足で歩き目で見てきました。そのレポートも書こうと思っていますが、とにかく、香港の、そして世界中の人が心安らかに暮らせる2015年であって欲しいと思います。
(うずらまん編集長)

※写真は香港の地下鉄 北角駅の地下通路に描かれている北角の街の絵。地元小学生が描いたものだったかな。通路にずっとつなげてあります。横長の絵です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やはり10年の歳月がレポートの一部を蝕んで

今週に入って、なぜか突然思い立って、ちょっとごそごそと始めているのは昨日も書いた通りです。自分のWebサイト『うずまき中華』をどうしようか。やっと決めました。
 何年も放置していた『うずまき中華』ですが、きっぱりとサーバからデータを全部消してしまおうと思った時もありました。完全消去かそれとも、再び中華魂を発揮するのか。結論は、そのどちらでもない、です(笑)。

 過去の記事は『うずまき中華 Classic』とでも考え、それはそれで残しておこうと思います。
 なぜかというと、昨日書いたように、過去の記事を今でも参照している人がいたからです。残しておく、って今までの放置といっしょやん? いえいえ違いますよ。

 まあ芸能関係の情報は、古いものはあまり役に立たないでしょう。それにもっと詳しく書いているページも多く存在します。また中華・香港ブームは過ぎ去って需要も減っていることから、特に存在意義もないと思います。

 「點心爛漫」の次は、10年前、1999年の東京国際フォーラムで行われたあの演唱會のレポート。これは実は1999年にその前編を2回に渡って連載したのですが、後編を未公開のまま10年間封印していました。そのあたりの事情も含め、後編を今年間もなく公開したいと思っています。

 実は前編も少し手直しし、昨日アップしました。後編のレポート自体は1999年にすでに書き上がっていました。そしてページデザインもほぼできたままお蔵入り。その後再度封印。先日そのデータを開いてみると、やはり10年の歳月がレポートの一部を蝕んでいました。そこでその修復作業を行っています。なくなっていた画像を発掘できたし、一部編集途中のデータや画像の素材データが未整理だったりするので、その照合を今行っています。

 しかし、久しぶりにHTMLでページを作っていくという作業をして、けっこう楽しんでいます。blogとはひと味違い、まあ味も素っ気もない文字と画像だけの単純なページですが、それはそれでいいかもな、と。

(うずらまん編集長)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たまにはコテコテした香港映画が恋しくなる

最近、チャイニーズ・ポップスも聴いてないし、香港芸能情報も仕入れていないし、香港映画もほとんど観ていないし、という日々でした。最後に観た香港映画は何だったろう? 『プロジェクト BB』かな? 『カンフー・ハッスル』かな?

 僕の好きな周慧敏(ヴィヴィアン・チョウ)や王菲(フェイ・ウォン)は音楽活動してないみたいだし、最近は彼女たちのCDをたまに聴く程度で、中華っぽい音楽と言えば、女子十二楽坊のアルバムを聴いてるぐらいかな。でも女子十二楽坊も一時の勢いがなくなっていますね。だいたい、『敦煌』までのアルバムしか持っていないしなぁ。

 先日、テレビのUチャンネル(ぉお、なんと懐かしい響き)で、何で今的タイミングで、梁朝偉(トニー・レオン)主演の『裏街の聖者』をやってたので、見るともなしに見ました。あ、この映画、観てなかったんだった。ちょっと吹き替えの声優さんが違和感あるけど、やっぱり香港映画いいな、と思いました。

 てなわけで、ちょっと中華趣味方面にもまたちょっとだけ向いてみるかなという気持ちになってきたという、そんなところです。

(うずらまん編集長)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セブン-イレブン限定「香港飲茶フィギュア」
海洋堂プロデュース

050401yamcha2しばらく開店休業状態だったこのblogも、新年度から再スタートしますよん!

さて、模型マニアの世界でも、また食玩の世界でも既に名を馳せている[海洋堂]。今度は中華部門にも乗り出しましたぞ! 今関西では、[セブン-イレブン]の500mlのペットボトルに「香港飲茶・海洋楼/飲茶フィギュアコレクション」(菜譜 全十二種)が付いています。基本的に陶器の食器、蒸籠、箸と蒸籠の中に點心というセットです。
 僕の買ったのは、「(七)蟹黄蒸燒賣」でした。いやはや「好味呀〜!」。
 燒賣と蒸籠が軟質の素材で、白い陶器はプラスチックでと質感にもこだわりを感じます。
 このフィギュアは、ドリンクのメーカーに関係なく付いていますので、消費者にとっては選択肢が広くて助かります。甘いものではなくてあっさりしたお茶系のものが飲みたいのにこってりした甘いのを買わないといけないとかってことがないので。
 それと、よくある食玩のように本来はお菓子のオマケのハズのフィギュアが、逆転現象を起こして大きな箱にフィギュアがど〜んと入っていて、中にラムネ1個で何百円とかっていうのではなくて、しっかり飲物は500mlでそれにオマケですので納得して買えます。全部集めるのは大変だけど、二、三個は欲しいなぁ。(うずらまん)

| | Comments (0) | TrackBack (1)