ギャンブル

バリバリ王晶バリー・ウォン映画
久しぶりに『カンフー麻雀/雀聖』を観た!

Kungfumajan
『カンフー麻雀』を観た。元華(ユン・ワー)と元秋(ユン・チウ)は『カンフーハッスル』からのスピンオフ。まあ、王晶(バリー・ウォン)がメガホンを取ればオモロくないわけがない。

 元華はホントはカンフーアクションができるヒトなんだけども、今回は全くのいいとこなし(笑)。またカンフーなんてできないという演技をしなきゃならないのが辛いことだけど、うまい。でも何気ないシーンで、たとえばベッドから起き上がる動作なんかで、左向きに寝ているのを右足,続いて左足を左から右に大きく振り回して、その勢いで起きるなんてのの足さばきがきれい。目立たないとこだけど。

 女優さんもとてもいいです。元秋はモーレツなおばさんだけど、どっかにかわいげがあるし、二人のヒロインはとてもいい。
Theresa
 まず傅穎(テレサ・フー)。郭晉安(ロジャー・クォック)がバドミントンコートで見かけて好きになっちゃうのだけど、とてもかわいい。かわいいのだけど、秘密があって、そしてそれが元で郭晉安がぼこぼこにされて、頭が黐線になってしまう。それを苦にして自殺してしまうのは可哀想だったなぁ。香港映画はコメディでもこんなのときどきありますね。

Jade11
 それからなんといっても、梁琤(ジェイド・リョン)。この人べっぴんやわ〜。なんで日本公開されるメジャー作品に今まで出てなかったのかがわからないぐらいの。まだまだお目にかかってない女優さんはいるのだなぁ。元秋の弟子だったというのも良い設定だったな。

 映画の中身は、バリバリ王晶だから、娯楽の王道って感じ。王晶本人が悪役でラスボスなんで言うことなしでしょう。面白い。でも郭晉安がやった役、まあ、郭晉安が少しにているからというのもあるのだけど、張國榮(レスリー・チャン)にやって欲しかったなぁ…というのは、贅沢かな。郭晉安がダメというわけでは決してなく、夢としてそんなことを思いました。

 元華はコメディもいいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)