« 【電影覇王】ポリスストーリー2 九龍の眼
警察故事續集
| Main | 蘇る張國榮の記憶!
没後10年メモリアル復刊 »

【點心爛漫】即製鴛鴦茶

Img_6868

香港の茶餐廳での香港らしい飲み物として有名なのは、港式奶茶。これでもかというほど黒く煮出した紅茶にコンデンスミルクで作るミルクティ。これ東の横綱とすれば、西の横綱、それが今日ご紹介する、「鴛鴦茶(えんおうちゃ)」である。廣東語で読めば[ぃゆぉん ゅおん ちゃぁ]みたいな音になる。

 「鴛鴦」って「おしどり」のこと。香港では、仲良くペアになってるものをさす場合が多い。たとえば「鴛鴦鍋」というと、鍋料理で、それが真ん中で仕切ってあって、2つの味の鍋が1つの宴席で同時に楽しめるようになっているものを言う。

 それで問題の「鴛鴦茶」。そう二つが仲良く混ざっている。それはコーヒーと紅茶である。それをミルク仕立てにしたもの。砂糖もたっぷり入っている。日本人の感覚としては「コーヒーと紅茶を混ぜる???」となると思うが、香港はイギリス統治の植民地だったから、西洋文化とアジア文化が交ざってできあがった社会だから、とにかく混ぜちゃうのである。そして港式奶茶よりも鴛鴦茶を飲めてこそ、大人の香港通であるとされる。

 そしてこれは、捷榮珈琲有限公司の“獨特港式”「3合1 鴛鴦 All in One Yuan Yang」。早い話がスティック鴛鴦茶。はい、香港のスーパー[惠康ウェルカム]で買ったもの。

[冲調方法/作り方]
Img_6870

(1)將一包捷榮三合一鴛鴦倒入杯中。
 スティックの封を切り、カップに入れる。

Img_6871

(2)注入約125毫升熱開水。
 125mlの熱湯を注ぐ。

Img_6873

(3)攪拌後便可享用合您心意味的味美三合一鴛鴦。
 よくかきまぜて、三合一鴛鴦茶をお楽しみください。

 14g入りのスティックが12本入り。獨特港式の味をお手軽に楽しめる。

 どんな味かというと、飲んだ瞬間は「あ、ミルクティか」と思うが、「あれ? コーヒー風味?」と感じた後に、渋みがジョワワ〜ンっと沸いてくる。この渋みは、紅茶を飲んだときとも、コーヒーを飲んだときとも違う独特のものである。この渋みが鴛鴦茶の特徴。これがシックリきたらもう病みつきになること間違いなし。
 ま、興味を持った人は試しに自分で作ってみよう。あり合わせのもので作ることはできるョ。


(1)マグカップにティーバッグ(リプトンとか日東とか)で紅茶を出す。
(2)砂糖をスプーンで山盛り2杯。
(3)インスタントコーヒー(ネスカフェとかブレンディとか)をスプーンに軽く1杯。よくかき混ぜてできあがり。

 これでも十分に渋さが味わえるので試してみて。飲み慣れたら、君も香港に行ったとき朝食は茶餐廳に入って、迷わず、“公司三文治(ミックスサンドイッチ)”と鴛鴦茶を注文し、蘋果日報なんかをバサッと開いて運んでくるのをさも面白そうなことはないという顔をして待とう!

(記:うずらまん編集長)

|

« 【電影覇王】ポリスストーリー2 九龍の眼
警察故事續集
| Main | 蘇る張國榮の記憶!
没後10年メモリアル復刊 »

「料理・飲茶」カテゴリの記事

「點心爛漫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32990/56578552

Listed below are links to weblogs that reference 【點心爛漫】即製鴛鴦茶:

« 【電影覇王】ポリスストーリー2 九龍の眼
警察故事續集
| Main | 蘇る張國榮の記憶!
没後10年メモリアル復刊 »