« June 2004 | Main | August 2004 »

July 2004

『香港路面電車の旅』

hk_tram1.jpg

世界的にも珍しい香港の二階建路面路面電車。営業運転を開始して百周年を迎える今年、日本でこんな写真集が発行されました。

 昨日、会社の帰りにいつもより一駅先の駅まで行って、駅ビルの書店へ寄り、そこでこの本を偶然見つけました。本当にしばらく香港に帰っていない(別に香港生まれでもないし香港で生活したこともないですが…)ので、かなり香港パワーが落ちてきていたんですが、この写真集で回復しました(^ε^;)。

 これはいわゆる「鉄ッちゃん」向けの電車の写真集ではありません。あくまで香港島の北部を横断する「電車[でぃんちぇ]/tram」に乗って香港の街をぶらりと散歩するような感じの写真。そこには香港の人、街、クルマ…等、私たち日本人旅行者が電車に乗って、降りて、普通に見かけることのできる普通の香港の街姿が写っています。

 せっかちな街、香港になぜこののんびりした電車が今も実用レベルで残っているのかが少し不思議でもありますけどね。
 最新型の車両でもエアコンもないし、ふかふかのシートでもないけどどこに行っても気ぜわしい香港で、時間と空間を上手に楽しむ余裕の乗り物なのかもしれません。(うずらまん)

『香港路面電車の旅』
 写真:永田幸子/文:小柳 淳
 サイズ(cm): 26 x 21
 出版社: 春陽堂書店
 ISBN: 4394902258 ; (2004/07)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

香港製のホンモノ時計

seiko5_03.jpg

腕時計を買ったんです。ゼンマイ式自動巻のSEIKO5というやつ。1960年代〜70年代に作られていたシリーズで、もう売っていないやつ。でも中古ではありません。新品。デッドストックでもありません。実は海外向けに中のメカは日本で作って、組み立ては海外でやっているんですね。そしてそれを逆輸入したものが日本でも売られているというわけ。

 なぜこれが好きで、また何の理由があって買ったのかというのは「うずら眼」「uzuramanの部屋」のモノコラムに書きました。一つの腕時計買っただけでコラム二つも書いちゃうというのが、実にうれしがり屋のワタクシ的でよろしいかと(^ε^;)。それをまたなぜ「うずまき中華blog」にまで書くのかというと、海外で組み立てという「海外」が香港だからなんです。

 香港というとひところ、街を歩くと日本人観光客と見るやいなや電光石火の早業で「カワジャン!」とか「ニセモノトケイ」とかって声を掛けられたものです。世界の高級時計のコピーモノがあふれていた香港。だからなのか!? いやいや、そんなことはないと思いますけどね。

 一瞬、「ASSEMBLED IN HONG KONG」の文字を見たとき「ニセモノ…」と思いましたが、大丈夫ホログラムシールが貼ってありましたので、ホンモノのSEIKOだとわかりました。
 え? ホログラムシールもニセモノを作っていたらどうする?って。う〜む。
 でも好きな時計が香港製というのもうれしいことではあります。(うずらまん)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

香港のデモ

くま某さんの「九龍生活」に昨日の「普通選挙要求」「民主化」を求めるデモの写真が掲載されています。香港返還から丸7年たったんですね〜。デモには30万人の予想が結局今年も50万人の参加があったとのことです。
 去年のデモで50万人が参加して、それに驚いた中央政府の締め付けが最近増し、普通選挙の実施延期が決定したということもあって、市民の政治不信が増大しているといいます。
 いかに中央政府が締め付けてもデモ自体を抑えることはやっぱりできないんですね〜。(うずらまん)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »