« May 2004 | Main | July 2004 »

June 2004

「少林」は登録商標!?

shorinji.jpg

ロイター発の情報によると、なんとあの功夫の総本山・少林寺が「少林」の名前の無断使用対策で商標登録出願をしたというニュースが昨日の夜付けで報道されています。

 6/29(火)、新華社の伝えた情報として、ロイター経由で世界に発信されたようですが、武術で有名な中国の少林寺は、「少林」の名前を第三者に無断で使用されないよう、80カ国以上で商標登録を出願したということです。

 その報道によると、中国国内ではホテルや食品、車、家具など50種類を越える商号・商品名に「少林」の文字が含まれているものの、少林寺とは全く無関係とのこと。

 しかし、商標登録を出願したことで新たな問題も発生しているらしいです。それは少林寺の修行僧らが武術を披露する海外定期公演の時。
 少林寺の関係者の話では、海外公演先で何者かが既に「少林」の商標権を取得していた場合、本家本元の少林寺が商標侵害に問われる恐れもあるといいます。

 なんだかお金が絡んできて世知辛い感じが濃厚ですね(^ε^;)(うずらまん)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

われらが成龍、最新アクション巨編!!

medalion.jpg

われらが成龍(ジャッキー・チェン)の最新作『メダリオン』が今週末からロードショーされるようですね(^ε^)。

 この映画、武術指導を洪金寶(サモ・ハン・キンポー)がやっているというのですから、期待できます。洪金寶は監督をするとストーリーが散漫になってしまう癖がありますが、プロデューサとして映画全体を見るとかアクション監督に専念するといい仕事をしますね。俳優で出ているときが一番輝いているけど。

 一応、香港・アメリカ合作ということになっていますが、スタッフの顔ぶれを見ると香港映画といっていいでしょう。しかも上映時間が1時間半以内に収まっているし。

 『サンダーアーム/龍兄虎弟』なんかと同じ路線の冒険活劇のようですね。多少の特撮は使いながらもアクションはあくまでもライブアクション。特撮を面白く見せるための生身の演技とかもあるようですね。
 ヒロインは『ジョー・ブラックをよろしく』のクレア・フォラーニ。この人もアクション、やらされてます(笑)。

 制作費は香港映画史上最高の3億香港ドルというのもすごいけど、いちばんすごいのは、映画のチラシのトップに「生誕50年・日本公開50作品 記念超大作!」と銘打っているところ。「生誕」??? 普通、誰か著名な人が亡くなって、何年かしてから記念するときに「生誕100年」とか言うけど、生きている人に「生誕」って使うのか…(^ε^;)。思い切ったなぁ、日本ヘラルドも。
 というわけで、成龍も50歳。でもまだまだアクション映画を作り続けている。特に香港映画ではハリウッド作品の時のように年齢設定も若すぎたりせず(笑)、年相応のキャラで演じるのでやっぱりいいなと思います。(うずらまん)

公式ホームページ→ こちら!
 (予告編が見れるよ!)

| | Comments (4) | TrackBack (1)

【點心爛漫】春光・椰[女乃]珈琲

chunguang.jpg

さてさて、今夜は久し振りに『點心爛漫』シリーズをお届けしましょう。

 これは僕がココナツミルク好きなのを知って福岡の「うのん」さんが送ってくれたインスタント・ココナツミルクコーヒーです。

 これは海南省文昌市にある「海南省文昌市春光食品有限公司」という会社の製品です。全て粉末にして、オールインでワンパックになったもの。17グラム一包みになっています。

 栄荻首届全国海南工業博覧会で「金奬」を受賞したと書いてあります。

 さて、裏面の解説に書いてある説明文を読み下してみましょう。
「この製品は海南文昌のココナツからつくりました。海南興隆のコーヒー豆及びココナツ原料を使用。科学工業技術を使って精製、純正の品質と味、椰子珈琲の香り豊かで芳醇なよい口当たりです。サッと溶けすぐに飲めます。ご家庭で、旅行に、贈答品にもお使いいただける高級飲品です」

 成分は珈琲の粉、椰子粉、白砂糖、植物脂末。貯蔵方法は、乾燥、密封保存。保質期限は18カ月。

 作り方を読み下しすると、
「カップに「春光・椰[女乃]珈琲」を一包み入れ、150〜200ccの熱湯を注ぎます。よくかき混ぜてすぐ飲めます」
 といった感じです。

 さて、お味ですが、ココナツの風味がするインスタント珈琲という感じですね(←そのまんまやん!)(^ε^;)。(うずらまん)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »